■プロフィール

神夢月

Author:神夢月
ネチョ分なし、おむつ分濃いめ。多分おむつ系コミュから来た人でないと受け付けない内容かも

携帯向けに改装しました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東方桃尿郷 永遠亭の罠 第3話
東方桃尿郷・永遠亭の罠 

第3話 ― 実験台 ―

※東方Projectの二次創作で、永遠亭が主な舞台となります。


チルノとトリルは、鈴仙に連れられて広い部屋に到着した。


鈴仙   「ここは今日の宴会で使う部屋。長いこと使ってないから埃っぽいの。
      この部屋を綺麗に掃除するのが、貴方達の仕事よ」
チルノ  「なんだ、すごく簡単な仕事じゃない」
鈴仙   「私は師匠に呼ばれているからもう行かなくちゃいけないわ。
      掃除道具はここに置いておくから、夕方までには終わらせてね」


そう言い、鈴仙は部屋から出て行った。


トリル  「さ、始めるよ!」
チルノ  「その前に、おしっこし…」
トリル  「え、しちゃったの?だったら替えよっか」
チルノ  「ちょっとトリルゥ~、いくらなんでも子ども扱いしすぎじゃない~?
      したくなっただけでまだ出てないっつうの」
トリル  「あ…ごめん」
チルノ  「とにかく、トイレどこ?」





リグル  「トイレって無いの?」
ケンちゃん「無いことは無いんだけど、すごく遠回りになるから」

ケンちゃんが部屋の押入れの中の箱を取り出し、中に入っているものを手にした。

ケンちゃん「ということで、これを穿いといたほうがいいよ」

彼女が取り出したのは、またも紙おむつだった。
何処かで見たような像のキャラクターが描かれていた。

ルーミア 「何でこんな物が永遠亭にあるの?」
ケンちゃん「それについては後で話すよ。
      付けてあげるからここに寝て」

ルーミアは言われたとおり、ケンちゃんが広げた紙おむつの上にお尻をのせ、仰向けに倒れる。
ケンちゃんはおむつの右側のテープを持ち上げ、しっかりと前で止めた。
左も同様に、しっかり止めておく。

ルーミア 「これで、いいのかな」

ルーミアが立ち上がってお尻をさすってみる。

ケンちゃん「ちょっと待って、ここを…」

ケンちゃんがおむつの足の付け根の部分をつまみ、ひらひらしたものを外に出した。

ルーミア 「何したの?」
ケンちゃん「こうすると漏れにくくなるんだって。これでもう大丈夫だよ
      次はリグルの番だね」
リグル  「わ、私…?」


リグル  「私は…催してから穿くから…いいよ。」
ケンちゃん「だれも鞄とか持ってないみたいだから、おむつを手に持って歩くことになるけどいいの?」
リグル  「…やっぱり今穿く」

ケンちゃん「そういえば、こんな柄のもあるんだけど」

そう言って取り出したのは後ろ側に建物らしきものがプリントされたものだった。

ケンちゃん「永遠亭特製ブランド『金閣寺』
      弾幕ごっこ等の激しい運動でも漏れにくいお勧めの一品!
      …らしいんだけど」
リグル  「なんで金閣寺なんだろ?」
ケンちゃん「さあ。それとルーミアが穿いているのは、最近外の世界から流れ着いてきた紙おむつの複製なんだって」
ルーミア 「そーなのか?」
ケンちゃん「元々は赤ちゃん用のサイズだけど、大きめのやつもここにはあるよ」

リグルが紙おむつを股にあて、ぺたんと座り込んだ

リグル  「ケンちゃん、テープ止めて」
ケンちゃん「しっかり持ち上げといた?隙間があったら漏れるよ」

ぺちん×2

リグル  「これでいいのかな…?」

おむつの前と後ろを軽くさわってみたりして、確認にもならない確認を行う

ケンちゃん「ちょっと見せて。
      …うん、大丈夫だよ」

ルーミア 「そういえば、何で私達ここに来たんだっけ?」





鈴仙   「あの子達、ちゃんと掃除してるのかしら…」

竹林の中で、少女が呟いた。


鈴仙   「…そろそろ……来たかな…」

少女は、周囲を確認した後、その場にしゃがみこんだ。
一見苦しそうな表情をしているが…

鈴仙   「んっ(ぶるるっ)……はぁー…」

身震いした後、鈴仙の表情が安らいだ。
しばらくして立ち上がるが、今度は顔を赤らめた。

鈴仙   (誰も見てないとはいえ、恥ずかしいよぅ…)
てゐ   「鈴仙ー?」
鈴仙   「うひゃぁっ!」

背後から声を掛けられたことに驚き、尻餅をついた。

てゐ   「またお師匠様の手伝いなの?」
鈴仙   「う、うん。そんなところね…」
てゐ   「で、さっきしてたんでしょ、換えたげるけど?」
鈴仙   「悪いけど断るわ。今回の実験だとまだ穿いたままでいなきゃいけないみたいだし」
てゐ   「ところで何処行くのさ?」
鈴仙   「人里にお使いよ」
てゐ   「ふーん、まあ頑張りなよ」

鈴仙   「あっ、丁度良かったわ、ついでにチルノ達に…
      ってもう居ない!…はぁ」


     To be continued...
スポンサーサイト
東方桃尿郷 | 19:51:12 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
うどんげにおむつだと…
ミニスカ+おむつ+わざとおもらしとか最高すぎる。
スカートからおもらしおむつが見えちゃう><
2009-03-26 木 02:47:50 | URL | 名無し [編集]
うどんげがえーりんの実験台にされたのかwww
うどんげが着けてるならてゐも着けてるはず
2009-08-03 月 00:25:33 | URL | [編集]
早く続きを。
期待しています!
2009-08-03 月 00:27:49 | URL | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009-08-25 火 23:38:26 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。